幼馴染あやちゃんと7年ぶりの再会をした時の話

【夢想家の意味】
実現できそうもないことばかり考える人

 

お久しぶりです!!!

夢想家ケンタです!

前回、小さい頃の夢で叶いそうな夢を発表しましたが
ついに、実現しそうな感じになってきました!

これですね↓
(3)幼馴染の初恋の相手、あやちゃんと結婚する

今回はあやちゃんと7年ぶりの再会をした時の話です!

私とあやちゃんは家が近所で幼馴染の同級生です!
幼稚園の頃から中学校までは一緒でした。

私の片思いだったのですが、
結局、中学を卒業するまでに告白することはできませんでした、、、
というか、会話をしたのも私の記憶が確かなら小学校4年生の時が最後ですね、、、

そして、時は過ぎ、、、

私が大学を卒業後、お互いの家の近くにあるコンビニで
偶然、会ったんですよ!

コンビニに入ってすぐに、あやちゃんだと気付いたため、
私はすぐに逃げたんですよね、、、

一人で雑誌を読んでいたあやちゃんは私には気がつかず、
私は無事に逃げることができました、、、

だって、7年ぶりとかですよ、、、
いや、最後に会話をした時から数えたら12年ぶりの会話になるんですよ。

正直、何を話していいか分かりませんし、
相変わらず、可愛かったですし・・・
緊張して無理だと・・・

昔から、そういうタイプの人間なんですよね、私は、、
夢だけは、たくさんあるくせに、、、肝心な時にハートが弱いんですね、、、

ですが、、、、、
チャンスなんて何回もあるものじゃないんです!!!

そう思い、(きっと後悔したくなかったんでしょうね)
一度、逃げたんですが、すぐにコンビニに戻りました!

あやちゃんはレジで会計中でした。
レジ会計が終わるのを待ち、
私は今までの人生で一番の勇気をだして、話しかけたんです!

「久しぶり!元気か?」

って、私が言うと、

あやちゃんの返事はまさかの、

「誰ですか?」

ですって、、、!?

約12年ぶりに話しかけたのに、

誰ですかって、ひどくないですか!

それは冗談だったみたいで、、、

12年ぶりでも普通に話をしてくれたんです!

しかも、なぜか、あやちゃんは私が情報処理の大学に進学したことを知っていました。

どうやら私の母親が、あやちゃんのお母さんに私のことをよく話しているらしいんです!

家が近所なので、、、っていうか、私の母親はあやちゃんについて何も教えてくれてませんよ!

あやちゃんは歯科衛生士になって、近くの歯医者で働いて1年経つとのこと。

そんな話をしていたら、

あやちゃんから一言!

「ケンタ君に今度、お願いがあるんだけど、、、」
「家のノートパソコンがウイルスに感染したから見て欲しい」と

<<ケンタの心の声>>
(私に断る理由なんて1ミリもありません!多分初期化してウイルス対策ソフトを入れるだけで大丈夫なはず・・・)
(お安い御用です!私は情報処理の大学を卒業してますから!)
(そんなことより気になるのは、、、あやちゃんに彼氏がいるのかどうか?)
(私は今、彼女いませんから、、、あやちゃんと付き合いたいです!)

私は次の日曜日に、あやちゃんの家に行ってパソコンを見る約束をしました!

もちろん携帯番号も交換しましたよ!

果たして、私はどのようにして、幼馴染のあやちゃんと付き合うことができたのか?

それは次のお話で、、、